HOME > 食事を見直す

食事を見直す

喫煙者の多くは食後の一服が美味しいと口を揃えて言います。
たばこを吸う人は食事のシメにデザート感覚でタバコを吸うという人は多いのではないでしょうか。

私も以前は喫煙者でしたが、食後の一服は欠かさず行っていました。
特に脂っこい食事や塩分の多い食事の後は、ついたばこを吸いたくなってしまいます。

普段飲み会に多く参加する人や外食が多い人、そうでなくても忘年会や新年会のシーズンなど、禁煙を妨げる行事がたくさんあります。
実は食事のメニューによってタバコが吸いたくなるものやそうでないものがあります。

ですから禁煙するには食事の内容から見直すことが実は大切なのです。
禁煙しやすい食事のメニューは野菜を中心としたさっぱりとした味のものが良いでしょう。

また水分を十分に摂ることも禁煙を成功させるには大切です。
水分をたくさん摂ると、ニコチンの排出効果が高まります。

それにお水を飲んでいると自然とタバコを吸いたくならないものです。
特に癌などの生活習慣病が心配な方は、禁煙と同時に緑黄色野菜を食べるようにすると予防に効果があります。

緑黄色野菜にはビタミンAやビタミンC、食物繊維を豊富に含んでいますから、例えお肉料理をたくさん食べる人でも緑黄色野菜をたくさん食べている人は癌の発症率を下げることが出来ます。
また腹いっぱいに食べることもタバコを吸いたくなるので避けなければなりません。

昔から腹八分が健康に良いというように、肥満予防にも食べ過ぎは控えておきます。
普段から早食いの人は、ゆっくり時間をかけて食べることで満腹感を得られやすくなります。

脂っこい食事や塩分の多い食事など、味付けの濃い食事を好む人は薄味の食事では満足できないという人もいるでしょう。
しかし禁煙を始めてしばらくすると味覚が回復し、薄味の微妙な味も感じられるようになるので、食べ物が美味しく感じられるようになります。

食べ物がおいしくなると、つい食べ過ぎて太ってしまうので、禁煙すると太るという人も中にはいます。
ですから禁煙後も腹八分は心掛けてください。

また禁煙すると口寂しいという人はガムを噛むと良いといいますが、ガムや飴も糖分やエネルギーが肥満の元です。
ガムや飴もなるべく食べないようにするか、糖分やカロリーの無いものが良いでしょう。

それから禁煙すると便秘になるという人もいます。
確かにニコチンには腸の蠕動運動を促進する働きがあり、タバコを吸うことで便通が良いという人もいるようです。

ですが、タバコはやはり健康には良くありませんので、禁煙によって便秘をするという人も野菜や果物など繊維の多い食品を多く食べ、水分を十分に摂るようにしてください。
どうしても便秘してしまうという人は便秘薬の方がタバコよりも安全です。

このように禁煙するには食事から見直すことが大切です。
食生活を改善すると、なお健康に良い効果が生まれ、病気にもなりにくくなるので、是非頑張ってください。