HOME > 禁煙のダイエット効果

禁煙のダイエット効果

タバコを吸った方が痩せる、そういう声をよく聞きます。
確かに喫煙している人の方が痩せている人が多い気がします。

特に女性に顕著ですが、タバコを吸うと痩せるのでしょうか。
これにはタバコに含まれるニコチンの作用が影響していると考えられます。

ニコチンは神経にも作用する化学物質で、良くも悪くも体に色々な影響(大概は悪い影響ですが)を与えます。
食欲抑制効果もあるので、タバコを吸うと食欲が無くなり、暴飲暴食を避けることが出来るわけです。

こう考えると、むしろ禁煙しない方がダイエットに良いのでは、そう思うかもしれません。
実際に禁煙をしたことで太ってしまう人もいるようです。

禁煙すると、タバコによって鈍っていた味覚が本来の状態に戻り、今まで以上に食事を美味しく感じてしまいます。
そのためついつい食べ過ぎてしまう、これが禁煙によって太ってしまう人の原因です。

胃腸の調子も良くなるので、食欲が旺盛になることも考えられるでしょう。
しかしこれは本来の食欲をニコチンの神経作用によって抑えていただけで、健康を考えるならけして望ましいことではありません。

むしろ禁煙後も暴飲暴食や間食を控えることは痩せたいなら当たり前の行為なのです。
ただ禁煙によって体重が増えた人もしばらくすると、元の体重に戻る人が多いという研究結果があります。

中には喫煙時よりも痩せたという人もいるぐらいです。
実はタバコを吸わない人よりも、喫煙者の方が基礎代謝が低い傾向にあり、太りやすい体質なのです。

タバコによって食欲が抑えられ食事をしていないだけで、食べれば非喫煙者よりもカロリーを溜めこみやすいのは喫煙者だとご理解ください。
禁煙後、一時的に太るのは基礎代謝がまだ低下している状態なだけで、しばらく経てば代謝の機能を取り戻し、実は禁煙後の方が喫煙時よりも痩せやすくなっているのです。

代謝とダイエットの関係はこちらを参考にしてください。
http://howtodanjiki.web.fc2.com/